愛球人はてなブログ。

「ラブライブ」(μ’s、Aqours)、「ハチナイ」(和歌山、きのくに未来学園高校)、「俺の甲子園」(和歌山、国立きのくに未来学園高等学校)を中心に、「マイペース」に「想いのまま」を綴らせて頂くブログです。映画、音楽の感想についても、このブログで言及させて頂くことがあります。

【ハチナイ、俺の甲子園】(その2)きのくに未来学園(ハチナイ)、2019年10月中旬時点での近況報告。

 こんにちは。愛球人(あいきゅうじん)と申します。

 

 「ハチナイ」の本格的なブログエントリー記事(第4回)は、

 「2019年10月中旬時点での近況報告」です。

 

 

 執筆にあたり、まず、ハチナイのプレイ日記の「第1回」「第2回」「第3回」のブログエントリーを、添付させて頂きます。

 

aikyujin.hatenablog.com

 

aikyujin.hatenablog.com

 

aikyujin.hatenablog.com

 

 

 では、(その2)の執筆をさせて頂きます。

 (その1)では、「俺の甲子園」のエントリーであった感じですけど。

 

 

 (図解1)きのくに未来学園高校(ハチナイ)、基本スタメンの変遷。

 

 (1)ランクマ1回目(2019年7月末)。

 1(遊)有原翼【快打の余韻】《主将》

 2(中)永井加奈子【溢れ出る間食の誘惑】

 3(一)野崎夕姫【胸躍るナイターゲーム】

 4(左)本庄千景【優美に包まれて】

 5(三)初瀬麻里安【重ねる努力の証】

 6(右)宇喜多茜【気迫のキャッチ】

 7(二)河北智恵【風情感じる古都歩き】

 8(捕)鈴木和香【指し示す活路】

 

 (2)ランクマ2回目(2019年8月末)。

 1(遊)有原翼【快打の余韻】《主将》

 2(二)椎名ゆかり【決意をバットに込めて】

 3(捕)鈴木和香【BREAK!】

 4(一)野崎夕姫【胸躍るナイターゲーム】

 5(左)本庄千景【優美に包まれて】

 6(中)永井加奈子【溢れ出る間食の誘惑】

 7(三)初瀬麻里安【重ねる努力の証】

 8(右)宇喜多茜【気迫のキャッチ】

 

 (3)現在の基本スタメン(2019年10月中旬)。

 1(三)有原翼【快打の余韻】

 2(二)椎名ゆかり【決意をバットに込めて】

 3(遊)有原翼【バットが示すは青春の道】《主将》

 4(一)野崎夕姫【ちょっと一息】

 5(左)野崎夕姫【闘志の眼差し】

 6(捕)鈴木和香【BREAK!】

 7(中)永井加奈子【溢れ出る間食の誘惑】

 8(右)宇喜多茜【渾身のフルスイング?】

 

 

 上述が、基本スタメンの変遷になります。

 特に、10月に入ってから、「スタメン戦線、激変の予感?」という感じになっています。

 

 まず、これまで「2回」参加させて頂いたランクマ(ランキングマッチ)。

 

 (1回目。7月末)「1204605点」「13643位」。

 (2回目。8月末)「1293426点」「10890位」。

 

 

 

 

 どうにか目標に到達できた、しかしそれと共に、「努力を尽くしても」10000位の壁は突破できなかった、これが、2回目のランクマの正直な感想です。

 「やり遂げた」、でも、「これが限界だった」、と。

 

 で、9月初め、2回目のランクマが終了。ですけど、ここからが正直、激動でした。

 

 

 (図解2)きのくに未来学園(ハチナイ)、激動の9月上旬~10月中旬。

 9月6日 東北旅行に出発(9月9日まで。その間はハチナイ活動を休止)。

 (実際に東北を訪れたのは、7日土曜日、8日日曜日の「2日間」です。「女川、南三陸、釜石」を訪れていました。)

 9月10日 「SSRドラフトコイン」を購入。

 9月23日 「有原翼【バットが示すは青春の道】」をドラフトコインで行使、入学。

 9月26日 「野崎夕姫【ちょっと一息】」、デビュー。正一塁手をすぐさま奪取。

 9月29日 東雲チャプター、新田チャプターの「5凸」に悪戦苦闘。

 10月2日 「有原翼【バットが示すは青春の道】」、デビュー。不動の「3番・遊撃手」爆誕と共に、主将にも就任。

 10月4日 スマホが突然故障(バッテリーが壊れた)。ハチナイの強制活動休止になり、目の前が真っ暗な日々に(スマホは機種交換になりました)。

 10月9日 運営の御厚意のおかげで、ハチナイのアカウント復旧が成功、活動再開。

 すぐさま、宇喜多チャプターに着手、「5凸」に成功。

 入学した「宇喜多茜【渾身のフルスイング?】」は、「8番・右翼手」に座る。

 

 

 そう、実に「激動」でした。アカウント復旧に向けては、もう、「祈る思い」の日々でしたけど、この少し前ですね、「おこづかい野崎」「青春原」のデビューを機に、チームは一気に激変していった感じです。

 

 

 (図解3)きのくに未来学園(ハチナイ。女子野球部)、チームの現況。

 (1)投手編。

 [先発]「有原翼【才能の片鱗】」で絶対不動。いかなる感じだろうと彼女と絶対心中。

 [中継ぎ]9月中旬以後、「野崎夕姫【ベンチからの追い風】」が、「永井加奈子【甘さは急に止まれない】」から、徐々に出場機会を食うようになっていたが、10月の「青春原」デビュー以後、この「追い風野崎」が「中継ぎのno.1」の座を完全に奪還。

 また、「有原翼【炎天下の熱投】」も、オプションとしてではあるけど、出場機会をそれなりに得るように。状況に応じて「直江太結【注目のサブマリン】」にも出場機会が。

 「光射す椎名」も、もともと中継ぎとしての出場機会をそれなりに得ているが、現在でも戦況に応じて、8回あたりから「イニングまたぎ的な抑え」で登場することも。

 [抑え]9月中旬以後、「椎名ゆかり【光射すマウンド】」が、「有原翼【託された想い】」から、徐々に出場機会を食うようになっていたが、10月の「青春原」デビュー以後、この「光射す椎名」が「抑えのno.1」の座を完全に奪還。

 現況は、調子に応じて併用ではあるけど、「託され原」の出場機会は、自身の好調時以上で、かつ椎名が不調時以下であるときに事実上限定されている。

 

 (2)打者編。

 [捕手]「鈴木和香【BREAK!】」が、8月下旬から正捕手。しかし「青春原」の入学以後は、「椎名ゆかり【決意をバットに込めて】」及び「近藤咲【三つ編みは命綱】」との併用に。つまり、「BREAK鈴木」が「捕手の一番手」であることは不動だけど、調子や周囲との兼ね合いなどを考慮して使い分ける感じに。

 とはいえ、「BREAK鈴木」が万全でならば、「正捕手扱い」であることと共に、状況次第では「2番」「5番」での起用も。

 [一塁手]「野崎夕姫【ちょっと一息】」が、9月26日のデビュー以後、絶対不動の「4番・一塁手」に。それまでの正一塁手であった「野崎夕姫【胸躍るナイターゲーム】」は、一気に出場機会を失った形に。

 [二塁手]「決意椎名」が事実上の「正二塁手」。不調以上ならば、ほぼファーストチョイス。その一方で、「有原翼【機敏なステップ】」も、走力を買われて出場機会を増やしてきている。「河北智恵【風情感じる古都歩き】」は、オプション的な存在になり、出場機会が限定的に。「阿佐田あおい【夢の大盛りかき氷】」は、代走及び守備固め要員としての位置付けに。また、「快打原」も、状況に応じてこのポジションに入ることがある。

 [三塁手]「有原翼【快打の余韻】」が「正三塁手」。「青春原」の入学で、このポジションに回ったが、打順は「1番」で固定。「快打原」が三塁手に回ったことで、「初瀬麻里安【重ねる努力の証】」は、オプション的な存在になり、一気に出場機会が激減。「三つ編み近藤」が三塁手で出場することもある。

 [遊撃手]「有原翼【バットが示すは青春の道】」が、10月2日のデビュー以後、絶対不動の「3番・遊撃手」に。

 [左翼手]長く、「本庄千景【優美に包まれて】」が絶対不動の存在であったが、10月2日の「青春原」の入学以後、「野崎夕姫【闘志の眼差し】」や「柊琴葉【CORNERED】」との「調子に応じての併用」に。現状では「闘志野崎」がファーストチョイスになりつつある。「八夏祭柊」起用の際は、走力や守備力に期待しての位置付け。この「八夏祭柊」は、代走及び守備固め要員としてほぼベンチ入り。

 [中堅手]「永井加奈子【溢れ出る間食の誘惑】」が基本的に不動の存在。時折、「中野綾香【にじんで見えた花火】」が、ミート及び守備力を買われて出場することもあるが、あくまでもオプション的。

 [右翼手]「宇喜多茜【渾身のフルスイング?】」が現状では不動の存在。それまでの正右翼手であった「宇喜多茜【気迫のキャッチ】」は、出場機会を一気に失う形になってしまった。

 

 

 「選手層が分厚くなった」表れですけど、思い入れの強い選手が出場機会を失っていくのは、正直、切なさをも感じます。特に、「SSRドラフト」で指名した「ナイターゲーム野崎」が完全に出場機会を失い(一塁手限定なので、「おこづかい野崎」との同時起用ができない)、同じく「SSRドラフト」組である「優美本庄」も、レギュラー落ちの危機になるとは…、と。

 

 まあ、前回のハチナイエントリー(8月2日)でも実は言及していますけど、

 

 「できるだけ早く、『SRドラフト』、開催して頂けますか?開催して頂けるときを信じて、有償ナインスター、「100個分以上」、既に確保させて頂いていますので。

 

 そう、もはや「切実な想い」ですけど、純粋に「戦力として欲しい打者、投手」が「複数人」いるから、という感じなんですよね。

 「SRドラフト」は、うちのチーム規模だと、とても、とても大切になってくる感じですので(誰でもよい訳ではなくて、うちのチームカラーにフィットする選手を獲得できる可能性が一気に高くなる、という意味で)。

 

 

 およそ、「ハチナイ」の近況報告としては、このような感じです。

 今後も、プレイも、この「プレイ日記」も、ゆるくさせて頂く感じですけど、何卒よろしく御願い申し上げます。