愛球人はてなブログ。

「ラブライブ」(μ’s、Aqours)、「ハチナイ」(和歌山、きのくに未来学園高校)、「俺の甲子園」(和歌山、国立きのくに未来学園高等学校)を中心に、「マイペース」に「想いのまま」を綴らせて頂くブログです。映画、音楽の感想についても、このブログで言及させて頂くことがあります。

【ハチナイ】【俺の甲子園】2019年7月下旬、きのくに未来学園の近況報告(その4。ハチナイ、初めてのランキングマッチ開幕に向けて)。

 こんにちは。愛球人(あいきゅうじん)と申します。

 

「俺の甲子園」の本格的なブログエントリー記事(第14回)及び「八月のシンデレラナイン(ハチナイ)」の本格的なブログエントリー記事(第2回)は、

 「2019年7月下旬、きのくに未来学園の近況報告。」です。

 

 今回のブログ執筆テーマは、主として4つあります。

 

 (1)2019年夏の甲子園和歌山大会総括(全体として、また、きのくに未来学園として)。→(その1)にて。

 (2)きのくに未来学園、「600安打到達」の「4人のマイルストーン打者」。→(その2)にて。

 (3)きのくに未来学園、チームの現状(7月28日の練習試合を終えた時点で)。→(その3)にて。

 (4)きのくに未来学園(女子野球部。ハチナイ)、近況報告(初めてのランキングマッチ開幕に向けて)。→(その4)にて。

 

 この4つになります。

 この(その4)は、「ハチナイ」の話題になります。ですけど、「俺の甲子園」と同様、野球ゲームであることを鑑みて、今回は、「俺の甲子園」のカテゴリーも併せて付与させて頂いております。また、「ハチナイ」をカテゴリー名にします(「八月のシンデレラナイン」よりも文字数が少なくて済むこともですし、ハチナイの公式ツイッターでも、「#ハチナイ」と表記していることをも踏まえてです)。

 

 執筆にあたり、まず、ハチナイのプレイ日記の第1回のブログエントリーを、添付させて頂きます。

 

 

aikyujin.hatenablog.com

 

 

 では、(その4)の本文の執筆を、させて頂きます。今回は、俺の甲子園のブログエントリーのとき以上に、「へえ、こんな感じでプレイを楽しんでいるんだ」と解釈して頂けると、とても嬉しく思います。

 

 

 (図解9)きのくに未来学園高校(ハチナイ。和歌山)、基本的なデータ。

 ・プレイ開始日:2019年4月19日(ログイン日数:101日目)

 (大型アップデートの翌日。「俺の甲子園」とはもう一つ、別の野球ゲームがしたいと探していたら、「女の子だって野球がしたい!」という、自分が探していたゲームにドンピシャで、それで始めました。アニメ化されていたことは存じていましたけど、あくまでもきっかけは、「女の子が野球をするゲーム」としてです。)

 

 ・学校ID:(ここでは現時点では公開しません。ごめんなさい。)

 (現時点では、「自分からは姉妹校は募集していません」。理由は、姉妹校は、自分の場合、「デレストのサポーター要員」に原則特化させて頂いているため(まあ、「赤☆3」スキルのために、姉妹校の力を借りることも今後起こり得るかなとは思いますけど)、その意味で姉妹校の枠に限りがありますので、とても申し訳なく思います。)

 

 ・課金の程度:微課金(月に2000円~4000円程度)

 (これについては後述。もともと、「ファンクラブへの納入金」的な感じで、「微課金でのプレイ」は決めていましたけど、「当初イメージしていたのとは違っていた」と感じていたのが、実はこの要素です。)

 

 ・青春ランク:「179」(通算ログイン日数は「101日」)

 (いわゆる「ゲーム2周年モード」に突入してからの1週間ほどで、青春ランクが一気に「12」上がりました。その分、元気ドリンクが「30本以上」一気に吹っ飛びました。

 その後も、リアルの関係でログインのみの日が少なからずあったにもかかわらず、元気ドリンクが一気に吹っ飛ぶときもちょくちょくあったりの感じで、気が付けばこの1か月くらいで、恐らく「70本以上」吹っ飛んだ感じです[現在「25本」まで減っています]。

 プレイのペースは、「リアルの状況による」という感じです。がっつりできるときはしますし、全然できないときは、ログインと、[タウンマップの]「朝の挨拶」「放課後の神社のおみくじor鉄人全席チャレンジ」のみというときもありますし。ですけど、ログインボーナスはとても大切ですので、忙しくともログインだけは、毎日地道に続けようと思っていますけど。)

 

 ・称号:「有原翼の監督」

 (翼ちゃんは、ハチナイの主人公です。自分の中では、翼ちゃんは「野球をしている高坂穂乃果ちゃん」ですね。「元気と情熱の塊のような、みんなのリーダー」という面でも共通していますし。勿論、自分の最大の推しのキャラクターでもあります。というか、主人公が輝いてこそ、作品の世界も、他の登場人物も輝けると思っていますし。

 翼は、後述でも触れますけど、「投打共に、チームの生命線」です。「有原翼ありき」、そう断言してよいです「負傷離脱」という概念がこのゲームにはなくて、それがとても嬉しいです。

 また、「野崎、河北、鈴木、椎名、宇喜多、初瀬」なども、好きな選手の一人です。まあ結局は、「箱推し」というやつですね。尤も、「小麦、天草、坂上、花山、逢坂、泉田」あたりのように、「戦力としては99%構想外」という選手も数人いて、申し訳ない感じですけど…。

 でも、「キャラクターゲーム」でもあると思っているので、三塁手は「初瀬」、右翼手は「宇喜多」、この2人はもはや「聖域」です[笑]。)

 

 ・デレスト能力(ノーマル版は一部を除いて「赤☆2」)

 (「赤☆3」を攻略できるのは、現時点では、「楽しさに潜むモノ」「踏み出す勇気変わる思い」の2つのみです。この半月くらいで、ようやく「選手が揃ってきた」感覚があります。6月27日の「2周年記念モード」になってから、特に選手層が手薄だった「蝶属性」「風属性」が、「赤☆1」の安定的な攻略は勿論、一部を除いて「赤☆2」まで到達できるようになりました。

 とはいえ、「練習なくして成長なし」「小麦色の世界」、この2つは正直、攻略できる気がしません[汗]。特に「試練」の上級とか、必要ポイント数が「ぱねえ…」と感じるのは、自分だけですかね…?)

 

 ・チーム評価:(「B5」。23416)

 (「A1」到達が一つの目標ですけど、現状では信頼度が、

 

 有原:「5-5」

 野崎:「5-3」

 本庄、永井、河北、宇喜多、初瀬、鈴木、椎名、近藤:「4-4」

 中野、新田、直江、朝比奈、阿佐田:「3-4」

 

 という感じです。それに、一部を除けば、デフォルトではSRが中心ですから、こればかりは納得できるのが入学しないことには…、と。それと、「ココロのカギ」。「4-4」のうちあと1人は「レベル5」に、また、「3-4」のうちあと1人は「レベル4」に辿り着かせたい感じですけど、時間が掛かりそうだなあ…、の感じです。)

 

 

 およそ、そのような感じです。

 で、明日(7月29日月曜日)から4日間、自分がハチナイを始めてからだと、初めての「ランキングマッチ」(通称「ランクマ」)が開幕します。

 信頼度上げ、スキル習得(デレスト)、正直大変でした。その結果を踏まえての、「ランキングマッチ」に向けての基本メンバーを、下記にて示させて頂きます。

 

 

 (図解10)きのくに未来学園(ハチナイ)、現時点(7月29日月曜日、ランクマ開幕)での基本スタメン。

 

 (現時点で、チーム評価は「B5(23416)」、青春ランクは「179」です。)

 (☆は「純正SSR選手」、★は「ポテンシャルA評価到達」、※は「星に願いを特効選手」、◎は「チャプター産SR選手」、◆は「その他のSR覚醒選手」です。)

 

 (1)スタメン。

 1(遊)有原翼【快打の余韻】(★◎)

 (キャプテン。ミート「4283」は「チームno.1」であり、「安打製造の奥義+」が魅力。クラッチヒッターとしての一面も。)

 2(中)永井加奈子【溢れ出る間食の誘惑】(◆)

 (「ミート3517、パワー4178」の「打率も見込める右の長距離砲」。「FB革命の奥義」が魅力。)

 3(一)野崎夕姫【胸躍るナイターゲーム】(☆)

 (本庄と共に「OH砲」を形成する「左の長距離砲」。パワー「4268」は「チームno.1」。「声援に乗せて」という固有スキル持ち。「新監督応援ドラフト」で入学。)

 4(左)本庄千景【優美に包まれて】(☆)

 (「右の長距離砲」であり、パワー「4093」。「華麗な一撃」「長打の奥義+」「一発の奥義」「昇龍の極意」と、パワー型スキルが満載の「THE4番打者」。花エース有原と共に「2周年記念ドラフト」で入学。)

 5(捕)鈴木和香【指し示す活路】(☆)

 (本来は「守備型捕手」だが、「3番~5番」を花属性で染めるために5番に置いている、いわば「つなぎの5番」。とはいえ「瞬時の洞察」「安打製造の奥義」で、打撃面での意外性を発揮してくれます。)

 6(三)初瀬麻里安【重ねる努力の証】(◎)

 (「走力3762、守備4273」の「守備型三塁手」。期待されるのは特に盗塁能力。ひたむきな姿勢でチームに活力をもたらせる。クラッチヒッターとしても機能。)

 7(右)宇喜多茜【気迫のキャッチ】(◎)

 (「守備4240」が特徴だが、確実性及び走力は「平均のやや上」レベルか。打撃に多くは求めない、とにかく「努力の素晴らしさ」を体現できれば、それでいいから。)

 8(二)河北智恵【信頼のグラブトス】(※)

 (「6番~8番」を「蝶属性」で埋めるために、ランクマの期限ぎりぎりでメンバー入りをした選手。風属性の【風情感じる古都歩き】をしばらく重用してたため、「ぶっつけ本番」になるが果たして。)

 

 (2)投手起用。

 (先発)有原翼【才能の片鱗】(☆★)

 (絶対不動の「大エース」。通称「花エース有原」。もはやこの翼と心中であり、今回のランクマでは特に、イニングイーターとしてフル回転を願う感じになるか。本庄と共に「2周年記念ドラフト」で入学。)

 (中継ぎ)野崎夕姫【ベンチからの追い風】(◎)

 (チャプター産の貴重な中継ぎ。花エース有原が早い回で鋼板を余儀なくされると出番が増えそうか。)

 (抑え)有原翼【託された想い】(☆★)

 (女子野球部の創設2日目で入学、すぐさまエースに。「花エース有原」の入学で抑えに転向したが、花有原が「6回~8回」くらい持てば、そこで野崎、朝比奈を挟まずに一気に「託され有原」への継投も充分にあり得るか。)

 (no.4)朝比奈いろは【巡り合った好機!】(◎)

 (今回の「ランクマ特効SR選手」ということで「投手no.4」としてベンチ入りだが、花エース有原が早い回で降板したりとかでない限り、出場機会はあまりないか。調子次第ではこの「投手no.4」に、椎名ゆかり【光射すマウンド】、有原翼【炎天下の熱投】とかも選択肢の俎上になってくるか。)

 

 (3)控え打者。

 (1)椎名ゆかり【決意をバットに込めて】(◆)

 (「ミート4209、走力3884」が特徴。本職は捕手だが、チーム事情で[特にチームスキル的な事情で]「代打の切り札」。鈴木、河北、投手のいずれかの打順で投入される。調子や試合展開次第では、早い回での代打起用もあり得るかも。いずれにせよ特に得点圏で登場して、クラッチヒッターぶりを証明して欲しい。)

 (2)阿佐田あおい【夢の大盛りかき氷】(◎)

 (「走力4291」は「チームno.1」であり、今回の「ランクマ特効SR選手」。役割はまさしく「代走の切り札」だが、ほぼ河北か投手のときに限定されるか。むしろベンチからの声出しでの貢献度が高くなるかも。)

 (3)中野綾香【大胆不敵の盗塁術】(※)

 (役割は「代走」「永井の守備固め」。恐らく基本的には後者での起用になりそうで、出場機会は恐らく限定的になるか。)

 (4)近藤咲【明日への誓い】(◆)

 ((ミート3546、パワー4054」が魅力の「右の長距離砲」にして「代打no.2」。本職は捕手で、三塁手にも対応可能。椎名が既に代打起用済みであり、「1点がどうしても欲しい」局面での起用になるか。)

 

 

 特に「1番~4番」は、「替えの効かない存在」です。永井の代走あるいは守備固めで中野の起用があり得る以外は、途中交代はまず考えづらい。チーム事情的に、初瀬、宇喜多もまずフル出場が前提でしょう。

 ランクマは、可能であれば、前試合「手動」で臨む予定です。代打、代走、守備固め、継投、いずれも「納得できる感じで」「後悔しないタイミングで」繰り出していきたい。

 

 今回のランクマの目標は、

 

 「参加させて頂くからには、『ブロンズトロフィー』をつかみに行きたい。

 「累計報酬をできるだけ獲りたい。報酬のSR塚原は『5凸』は可能であるのか。」

 

 そう強く抱く次第です。

 さあ、「絶対に、ハチナイ、ランクマをやり遂げるぞ!

 いまは、このような気持ちが、正直な想いです。

 

 

 まあ、「ハチナイ」については、「俺の甲子園」以上に、プレイをゆるく進めていくイメージですので(幸い、トーナメントが現状ではありませんのでね)、まあ、時折プレイ日記をアップしていく感じになるかな、のイメージです。

 「ハチナイ」ユーザーの読者がいらっしゃいましたら、何卒よろしく御願い申し上げます(こういうプレイの楽しみ方もあるんだ、と考えて頂ければ嬉しいです)。

 

 

 では、今後とも、「俺の甲子園」及び「ハチナイ」のプレイ日記を、ゆるく綴らせて頂く感じですけど、何卒よろしく御願い申し上げます。